田畑修一郎 : 作品一覧

(「田畑修一郎全集 全3巻」 所収作品)

HOME (総目次)

(注) 収録作品は、各巻の目次順である。初出および所収単行本は、
第3巻々末の紅野敏郎編 「初出年表」および「著書一覧」によった。
 


「田畑修一郎全集 第1巻」 所収作品  (冬夏書房:S55発行)

収録作品(目次順) 初 出 所収単行本
 相似 S6/12 <雄鶏>  「鳥羽家の子供」(S13/6)所収
 鳥羽家の子供 S7/3 <文科>  「鳥羽家の子供」(S13/6)所収
 郵便 S9/1 <文学界>  「鳥羽家の子供」(S13/6)所収
 悪童 S10/1 <早稲田文学>  「鳥羽家の子供」(S13/6)所収
 五年間 S10/8 <不詳>  「鳥羽家の子供」(S13/6)所収
 ふさ江の話 S10/5 <不詳>  「鳥羽家の子供」(S13/6)所収
 二つの部屋 S11/4 <早稲田文学>  「鳥羽家の子供」(S13/6)所収
 南方 S10/6 <早稲田文学>  「鳥羽家の子供」(S13/6) ・ 「石ころ路」(S15/8) 所収
 三宅島通信 S10/7 <作品>  「鳥羽家の子供」(S13/6) ・ 「石ころ路」(S15/8) 所収
 石ころ路 S11/11 <文芸通信>  「鳥羽家の子供」(S13/6) ・ 「石ころ路」(S15/8) 所収
 岩礁 S13/10 <新潮>  「乳牛」(S14/8) ・ 「石ころ路」(S15/8) 所収
 断片 S10/7 <文芸通信>  「乳牛」(S14/8) ・ 「石ころ路」(S15/8) 所収
 霧の中  S13/4 <早稲田文学>  「乳牛」(S14/8) ・ 「石ころ路」(S15/8) 所収
 二枚の葉つぱ   S14/1 <新潮>  「乳牛」(S14/8)
  あの路この路  S14/3 <文体>  「乳牛」(S14/8)
  黒白  S13/10 <中央公論>  「乳牛」(S14/8)
  帆柱の方   S14/7 <新潮>  「乳牛」(S14/8)
  赤松谷 S14/4 <文学者>   「乳牛」(S14/8) ・ 「石ころ路」(S15/8) 所収 
  狐の子  S14/11 <改造>   「狐の子」(S15/11) 所収
  木椅子の上で   S15/8 <知性>   「狐の子」(S15/11) ・ 「蜥蜴の歌」(S16/10) 所収
  花近く  S14/3 <月刊文章>   「狐の子」(S15/11) 所収
 故事  S13/9 <文筆>   「狐の子」(S15/11) 所収
  黄檗 S14/6 <早稲田文学>  「狐の子」(S15/11) 所収
  略図 S11/12 <早稲田文学>   「狐の子」(S15/11) 所収
  わが生活  S10/12 <木靴>    「狐の子」(S15/11) 所収
  花間   S15/5 <科学ペン>   「狐の子」(S15/11) 所収
  今日まで   S15/1 <新潮>   「狐の子」(S15/11) 所収
  続狐の子
 (原題「冬野原)
 S15/1 <公論>   「石ころ路」(S15/8) ・ 「狐の子」(S15/11) 所収
 父母系  S7/10 <文芸春秋>   「石ころ路」(S15/8) 所収
 蜥蜴の歌  S16/3 <新潮>   「蜥蜴の歌」(S16/10) 所収
 遠きを吹く風 不詳(作品末にS16/2)  「蜥蜴の歌」(S16/10) 所収
解 説 (紅野敏郎)  


「田畑修一郎全集 第2巻」 所収作品  (冬夏書房:S55発行)

収録作品(目次順) 初 出 備 考
 「医師高間房一氏」 [S16/4 : 砂子屋書房]  長編小説(書き下ろし)
 . .   .
 郷愁 S18/1~4 <大陸新報>  新聞連載小説 ・単行本「郷愁」(S19/2:翼賛出版協会)
 毛むじゃらな手 S15/12 <知性>  「蜥蜴の歌」(S16/10) 所収
 起伏 S16/6 <政界往来>  「蜥蜴の歌」(S16/10) 所収
 二日間 S16/6 <早稲田文学>  「蜥蜴の歌」(S16/10) 所収
 あやつり人形 S16/1 <文学界>  「蜥蜴の歌」(S16/10) 所収
 桃林にて S16/8 <日本の風俗>  「蜥蜴の歌」(S16/10) 所収
 廃兵 S7/2 <雄鶏>  短編小説
 泥と赤土 S18/9 「十年」  短編小説(<早稲田文学>10周年(第3次)記念作品集の一篇)
 . .   .
 「出雲・石見」 [S11/11 : 小山書店]  「新風土記叢書4」
 .   .   .
 「鳥打帽」 [S14/3 : 赤塚書房]  随筆集(次の16篇を所収)  「新文学叢書」の一冊
   帰化人の娘たち S13/12 <新風土>  「鳥打帽」 所収
   谷間地方 .  「鳥打帽」 所収
   大阪付近  .  「鳥打帽」 所収
   競馬の話  S13/6 <文筆>  「鳥打帽」 所収
   文学的風土記  S12/3 <中外商業新報>  「鳥打帽」 所収
   二月の感想 .  「鳥打帽」 所収
   小田嶽夫君のこと S11/10 <文学生活>   「鳥打帽」 所収 
   尾崎一雄覚書  S12/5 <文学生活>   「鳥打帽」 所収
   「目醒時計」について   S12/4 <文学生活>   「鳥打帽」 所収
   玉井勝則君のこと .  「鳥打帽」 所収
  善太と三平のはなし  S13/4 <文芸首都>   「鳥打帽」 所収
   芥川賞について .  「鳥打帽」 所収
   藝その他について .  「鳥打帽」 所収
   小説雑感 .  「鳥打帽」 所収
   文芸時評   S12/5 <早稲田文学>   「鳥打帽」 所収
   文学について   S12/2 <文学生活>   「鳥打帽」 所収
解 説 (山室静)  


 「田畑修一郎全集 第3巻」 所収作品  (冬夏書房:S55発行)

収録作品(目次順) 初 出 備 考
 「さかだち学校」 [S17/7 : 偕成社]  長編童話(書き下ろし)
 . .   .
 「文学手帖」 [S18/8 : 三杏書院]  「満洲紀行」など、次の33篇を所収。。
  満洲紀行 .  満洲旅行記
  鶏と山羊  随筆(次の9篇)
   浪花女 .  (随筆)
   身勝手な観客として S15/2 <日本映画>  (随筆)
   舞台稽古 .  (随筆)
   東京と大阪 .  (随筆)
   鶏と山羊 S15/5 <読売新聞>  (随筆)
   外房にて  S16/3 <新風土>  (随筆)
  砂と鳥 S16/5 <むらさき>   (随筆)
   ボルネオ島その他 .  (随筆)
   報道班 .  (随筆)
  様々な感想  感想(次の6篇)・文学論(次の7篇)
   生きた暗示  S14/3 <新潮>  (感想)
   今年の希望 .  (感想) 記述内容からS16年初の執筆
   思いつくままに    S15/4 <月刊文章>  (感想)
   震災前後 S15/11 <早稲田文学>  (感想)
   初冬日記  S16/1 <文学者>   (感想)
   手帳から  .  (感想)
   小説に就いて  S14/9 <文芸>   (文学論: ―中村地平氏との文学通信)
   ロマネスク  S15/7 <新風土>   (文学論: ―伊藤整氏との文学通信)
   考えることと観ることと  S15/7 <文明評論>  (文学論)
   私小説の問題  S16/7 <新潮>  (文学論)
   断片的に  S17/6 <早稲田文学>    (文学論)
   海辺にて S16/4 <新潮>   (文学論)
   茫然たる感想  S17/10 <新潮>   (文学論(満洲旅行関係))
  文芸時評其他  ―  評論(次の10篇)
   麦と兵隊  S14/5 <作品俱楽部>   火野葦平
   河骨評  S15/2 <帝大新聞>   木山捷平
   近読二つ     石川淳、正宗白鳥
   枯木のある風景   S14/4 <文芸>   宇野浩二
   「仮装人物」に就て   S15/6 <文学者>   徳田秋声
   美しい葛西善蔵   S16/9 <新潮>   葛西善蔵
   今年の小説   .  記述内容から「今年=S15」で、同年12月の執筆
   国民文学私見  .   .
   文芸時評  .   記述内容からS15春の執筆
   額に汗する仕事   S17/3 <新潮>   .
 . .   .
  リンゴ樹と猫 T15/4 <街>   短編小説
  ピクニック S9/11 <不詳>   短編小説
  三人  .  短編小説
  海浜記  S17/ 1<新潮>   短編小説
  従兄妹達 S7/6 <作品>   短編小説
  自動車隊   S11/5 <文芸首都>  童話
  山のともだち  .  童話
  少年と警察 T14/12 <*>   *早稲田第一高等学院学友会雑誌 : 短編小説 
  日の亡骸 T13/9 <映像>  詩
 .  .  .
 随筆など22篇収録  ―  随筆、作品の「後書」、など22篇あるが、記載省略 
 . .   .
 日記(S14~S18) S55:「本全集」   S17は、満洲旅行のみ。
 書簡(S13~S14)  S55:「本全集」   .
 書簡(S16~S18)  S55:「本全集」   .
解 説 (紅野敏郎)  
「作品初出年表」 (紅野敏郎編) 
「著書一覧」 (紅野敏郎編) 
「年 譜」 (紅野敏郎編) 

  ================================

HOME (総目次)